日経メディカルAナーシングのロゴ画像

第9回
「働く意味が見いだせない」ある中堅看護師の悩み

2015/12/09
武用 百子(和歌山県立医大保健看護学部精神看護学准教授、精神看護専門看護師)

 日本看護協会が1995年から毎年実施している「病院における看護職員需給調査」を見ると、2013年度の常勤看護師の離職率は11.0%台と横ばいで推移する一方、新人看護師の離職率は7.5%と年々微減傾向にあります。これは2010年より新人看護職員臨床研修の努力義務化が始まり、新人看護職員研修の実施率が高くなったことの成果と考えられています。また、病床規模が大きいほど給与が高く離職が低いことも明らかとなっており、処遇や教育体制の差が離職率に影響していると考えられています。

著者プロフィール

武用百子(和歌山県立医大保健看護学部精神看護学准教授、精神看護専門看護師)●ぶよう ももこ氏。1991年北里大看護学部卒業。北里大病院、日本赤十字社和歌山医療センターを経て、2000年兵庫県立大大学院修了。和歌山県立医科大附属病院でリエゾンナースとして勤めた後、08年から和歌山県立医大保健看護学部精神看護学講師、15年から現職。

連載の紹介

看護主任・師長のための「職場のメンタルヘルス支援ガイド」
メンタルヘルスに不調を抱えたスタッフを、管理職はどう支援していけばよいのか。一人でも多くの看護師が、辞めずに元気に働き続けられることを願って、リエゾンナースがサポートに必要な知識をお届けします。

この記事を読んでいる人におすすめ