日経メディカルAナーシングのロゴ画像

アメリカ留学からECMOスペシャリストへの道:前編
文化が違えば看護も違う!米国ナース事始め

2018/09/21
ピーターソン由紀
文化が違えば看護も違う!米国ナース事始めの画像

 私は、アメリカの病院で「ECMOスペシャリスト」として働いています。ECMO(Extracorporeal membrane oxygenation)とは、自己肺の代わりに体外式膜型人工肺を用いてガス交換を行い、生命を維持する治療のことです。日本ではあまり聞き慣れない職種だと思いますが、ECMOスペシャリストは、ECMOを医師以外が管理できるように特別に訓練された看護師や呼吸療法士のことです。現在のところ国家資格ではなく、病院単位の認定資格となっています。現在の病院では、年間100例以上のECMOの患者を管理しています。私は、ECMO開始から離脱まで全過程に携わっており、日々学ぶことが尽きません。

連載の紹介

米国で学び、働く!あめいろぐ便り for Nurse
米国で学び、働く日本人医療従事者が広く情報発信するブログサイト「あめいろぐ」。そのメンバーである看護師らが、Aナーシングの読者向けにオリジナル記事を書き下ろします。米国の看護師資格はどうやって取得する?看護師の仕事内容は日本とどう違う?米国の取り組みを日本の看護にどう生かす?外からは見えにくい米国医療の姿を、多職種の視点からお届けします。

この記事を読んでいる人におすすめ