日経メディカルAナーシングのロゴ画像

米国でナースプラクティショナーに
予約や保険がなくても気軽にかかれる医療を提供

2016/09/23
(バートン裕美 「The Little Clinic」クリニックマネージャー)

バートン裕美●東京都出身。日本で看護大学卒業後、看護師・保健師の免許を取って3年クリティカルケアの経験を積んだ後に渡米。2001年にアメリカ看護師免許取得、フィラデルフィアの大学院にて看護改革・ビジネスについで学ぶ。2014年修士号後の認定証でファミリーナースプラクティショナーを取得。

 私は現在、アメリカ・テネシー州メンフィス近郊の大手食料品店系列のコンビニエンスクリニック「The Little Clinic」で、ファミリーナースプラクティショナーとしてクリニックマネージャーをしています。

 「アメリカでナースになりたい!」という気持ちが強くなったのは大学時代のことです。英語ができることには憧れてはいましたが、英語だけでなくそれにプラスした技術を得ることで多文化に深く触れることができるのではないかと考え、ナースの道をまず先に選びました。東京都内の女子校から、新設の看護大学に入ったのはもう20年以上前のこと。大学では保健師と看護師の免許を取得し、都内の大学付属病院のCCU/ICU・救命で看護師として3年ほど勤務しました。その後、2000年にアメリカに渡り、米国看護師免許を取得しました。

カテ後のシース抜去やドレーン抜去も
 アメリカの看護というのは、カルチャーショックの連続でした。日本の看護のスタイルとは異なり、ナースが強く、自信に満ちた人が多いのです。もちろん、知識も実力もある人がたくさんいました。患者さんもまた違いました。「国が違えば、こんなに違うものか」と驚くことがたくさんありました。

 日本では言われたことを行っていればスムーズに進むことが多かったのですが、アメリカでは自分から「もっとこうすべきではないか」などと上司やドクターにも自分の考えを発言する機会が多く、アセスメント力が高く要求されました。ドクターたちもナースを頼りに治療方針を決めていくことがあり、ドクターのほしいデータを集めるような努力も必要でした。高度な技術も習得しなければならず、例えば日本では当時(20年前)、カテーテル治療後のシース抜去や胸腔ドレーンの抜去は医師が行っていましたが、アメリカではナースが行う手技だったので新しく覚える必要がありました。

 私は、日本では主に循環器疾患の患者さんを担当していたので、1年ほど小さな病院で看護師として経験を積んだ後に、アメリカの循環器・心臓外科の病棟で6年経験を積み、2007年よりペンシルベニア州フィラデルフィアのドレクセル大学大学院に入りました。この大学院では、看護の改革、ビジネス、看護教育について学びました。

 アメリカのナースたちがどんどん進学できるのは、オンラインで勉強ができるという強みがあるからでしょう。もちろん、当時は基礎教育、UnderGraduateは通学するのが普通でしたが、大学院レベルである修士号と博士号はオンラインで受講できる大学が増えてきた頃でした。当時私は2歳の子供を抱えていましたが、フルタイムで働きつつ、3年かけて大学院を終えました。

風邪をひいてもすぐ診てもらえない不便さを痛感
 大学院を終えてから日本向けの執筆やセミナーなどを行ってしましたが、ある時転機が訪れました。執筆活動などのためにいろいろリサーチをしていたところ、アメリカの医療プライマリケア、日本で言うかかりつけ医の数が減少していて、それを補うナースプラクティショナー(NP)やフィジシャンアシスタント(PA)が求められていることを知ったのです。

 自分も患者の立場になって考えてみると、風邪を引いたときにすぐ診てもらえない、医療機関の予約がなかなか取れない、予約が取れても受診は1カ月後になる、といった状況の不便さは感じていたところでした。

 ナースプラクティショナーの仕事は私には向いていないと勝手に思い込んでいたのですが、ある時、子供と一緒に風邪を引いてしまい、予約なしで診察してもらえるクリニックに行った時、偶然にも日本で育ったハーフのナースプラクティショナーに会いました。彼女と話をしているうちにベッドサイドで行う看護もいいけれど、ナースプラクティショナーになるのも、看護の違う面を見ることができて悪くないかもと思うようになりました。

 その後、大学院修士過程のファミリーナースプラクティショナーコースに入学し、資格取得後、現在に至っています。

 

連載の紹介

米国で学び、働く!あめいろぐ便り for Nurse
米国で学び、働く日本人医療従事者が広く情報発信するブログサイト「あめいろぐ」。そのメンバーである看護師らが、Aナーシングの読者向けにオリジナル記事を書き下ろします。米国の看護師資格はどうやって取得する?看護師の仕事内容は日本とどう違う?米国の取り組みを日本の看護にどう生かす?外からは見えにくい米国医療の姿を、多職種の視点からお届けします。

この記事を読んでいる人におすすめ