日経メディカルAナーシングのロゴ画像

なぜ花粉症患者は治らないことに黙っているのか

2017/05/16
安部 正敏(札幌皮膚科クリニック、褥瘡・創傷治癒研究所)
なぜ花粉症患者は治らないことに黙っているのかの画像

 何とも憂鬱な季節である。春、フレッシュマンは街にあふれ、かわいらしい新一年生が大きすぎるランドセルを背負って登校する姿など見ていても微笑ましい。しかし、この季節はどうにもこうにも好きになれぬ。それもこれも筆者は花粉症であるからである。どうも年々ひどくなっていく。

著者プロフィール

安部正敏(医療法人廣仁会札幌皮膚科クリニック副院長、褥瘡・創傷治癒研究所)●あべ まさとし氏。1993年群馬大学医学部卒。同大皮膚科入局。米テキサス大サウスウェスタンメディカルセンター細胞生物学部門研究員、群馬大皮膚科講師などを経て、2013年から現職。近年エッセー連載も多数。

連載の紹介

安部正敏の「肌と皮膚の隅で」
看護師が日常的に遭遇する皮膚疾患をテーマに、病態のメカニズムや治療の最新知見、スキンケアのピットフォールなどを解説するエッセー。看護師向けセミナーや書籍などで大人気の安部正敏医師が、分かりやすくレクチャーします。

この記事を読んでいる人におすすめ