日経メディカルAナーシングのロゴ画像

連載20回記念
【小説】復讐するは皮膚にあり

2017/03/17
安部 正敏(札幌皮膚科クリニック、褥瘡・創傷治癒研究所)
【小説】復讐するは皮膚にありの画像

復讐。小説の中ではたやすく行うことができる行為であろうとも実際に行うとすればかなり難しい。無論、殺人など大それた復讐をしようとは思わない。完全犯罪など、愚かな人間が犯す行為に神が味方するわけもなく、警察にパクられるのがオチである。拉致して殴り倒す“太陽にほえろ”如き障害事件であっても、新聞沙汰となり社会的地位が抹殺されるのは目に見えている。

著者プロフィール

安部正敏(医療法人廣仁会札幌皮膚科クリニック副院長、褥瘡・創傷治癒研究所)●あべ まさとし氏。1993年群馬大学医学部卒。同大皮膚科入局。米テキサス大サウスウェスタンメディカルセンター細胞生物学部門研究員、群馬大皮膚科講師などを経て、2013年から現職。近年エッセー連載も多数。

連載の紹介

安部正敏の「肌と皮膚の隅で」
看護師が日常的に遭遇する皮膚疾患をテーマに、病態のメカニズムや治療の最新知見、スキンケアのピットフォールなどを解説するエッセー。看護師向けセミナーや書籍などで大人気の安部正敏医師が、分かりやすくレクチャーします。

この記事を読んでいる人におすすめ