ある年の6月、咳嗽、労作時息切れ、発熱(38℃)が生じたため、近医を受診し、抗菌薬を処方された。しかし、症状が改善しなかったため、当院を受診、入院となった。職業はパ-ト。既往歴には特記すべきことはない。毎年6月頃に調子が悪くなるとのことであった。聴診でfine crackleが聴取される。

70歳代女性。咳嗽、労作時息切れ、発熱の画像

ログインして全文を読む