管理良好な糖尿病、高血圧の既往がある女性。受診1週間前から39℃の発熱を認めた。受診6日前に近医受診し、レボフロキサシン500mgを5日分処方され帰宅。その後も朝夕に二峰性の39℃台の発熱があり、受診3日前から両上肢に発熱時に増悪する皮疹を自覚した。抗菌薬の内服終了後も発熱が継続したため、当院を受診した。

64歳女性。発熱と皮疹の画像

ログインして全文を読む