X年6月、職場で歩調が遅く、 眼の焦点が宙に浮いた感じとなった。4日後、近医を受診し、血液、生化学検査、頭部CT、胸部X線、心電図などの検査を受けたが、明らかな異常を認めなかった。翌日は出勤日であったが、途中で交通事故を起こした。警察に保護されたが、意思の疎通は不良であった。

49歳男性。進行性の高次脳機能障害の画像

ログインして全文を読む