日経メディカルのロゴ画像

日経メディクイズ●胸部X線
50歳代男性。咳、痰、倦怠感

2017/03/23
50歳代男性。咳、痰、倦怠感の画像

 9年前に潰瘍性大腸炎を発症し、サラゾスルファピリジンによる内科治療で寛解状態であった。5カ月前に鼻汁が、次いで咳、痰が出現した。発熱はなく、近医で抗菌薬による治療を受けたが改善は見られなかった。息苦しさと倦怠感も加わったため、プレドニゾロン15mgが追加され、ある程度は改善した。しかし、プレドニゾロンの減量で潰瘍性大腸炎が再発し、ステロイドから抜け出せない状態となり紹介受診となった。

連載の紹介

日経メディクイズ(デジタル版)
1972年の『日経メディカル』創刊以来、好評をいただいている「日経メディクイズ」。初めに表示される問題ページで答えを選択・送信すると、選んだ答えが自動判定され、出題者による解説を読むことができます。答えの送信で、NMOポイントをゲット! さらに全問正解なら、ポイント数がアップするクイズもご用意しています。ぜひチャレンジしてください。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ