日経メディカルのロゴ画像

第81回 主訴:[呼吸困難]
Stridorを伴う呼吸困難で受診した42歳男性
橋本忠幸(麻生飯塚病院)

2014/06/03

麻生飯塚病院 橋本 忠幸先生

【患者】 42歳、男性

【主訴】 呼吸困難

【現病歴】
生来健康な42歳男性。来院4カ月前に咳嗽と頭痛が出現し、2カ月ほど持続していた。その後は落ち着いていた。来院5日前に息を急に吸うときに呼吸が詰まる感じが出現したが、その後3日間は出現しなかった。来院前日より咽頭痛、呼吸困難が出現し、寝るのが困難であった。来院日当日朝も臥位になると息苦しくなるため、少し頭を上げた姿勢で寝ていた。しかし、夕方になっても発作性咳嗽が持続し、呼吸困難が持続したため22時頃に当院救急外来を受診した。

ROS:頭痛(+)、咽頭痛(+)、咳嗽(+)、嚥下痛(+)、嗄声(-)、鼻汁(-)、喀痰(-)、悪寒(-)、戦慄(-)

【既往歴】 
喘息(-)
扁桃炎・扁桃腺摘出術(-)

【薬剤歴】 
市販の鎮咳薬(来院2週間前より内服開始し連日内服)
市販の感冒薬(咳嗽による頭痛のため内服、4カ月前から内服開始し3-4回内服)

【アレルギー】
薬剤:なし、食物:なし

【社会歴】
[ADL]自立
[食事・水分摂取]本日は食事を摂れていない
[Sick contact]なし

【来院時身体所見】
[全身状態]切迫(車イスで来室、呼吸困難著明) 身長170cm 体重60kg BMI 20.8
[Vital signs]血圧108/91mmHg 脈拍104bpm reg 体温35.5度 呼吸数24回/分 SpO2 95%(RA)
[頭頸部]眼結膜:貧血-、黄染-、頚部自発痛+ 圧痛+、LN腫大-
[胸部]肺音:両肺野呼気・吸気ともに連続性ラ音(背側の肺底部ではWheeze様で気管前部ではStridor様)→β刺激薬吸入を行い、Stridorのみが顕著となった

【来院時検査所見】
<血算>WBC9540/μL(Neut(%)63.6% Lymp(%)20.2% Mono(%)5.5% Eos(%)8.1% Baso(%)0.7% Luc(%)1.9%) RBC585万/μL Hgb17.4g/dL HCT54.3% MCV92.8μ3 PLT32.4万/μL
<生化学>AST17U/L ALT15U/L LDH198U/L CPK145U/L T-Bil0.9mg/dL Alb4.3g/dL BUN15mg/dL CRE0.8mg/dL Na138mEq/L K4.4mEq/L CL105mEq/L Ca9.5mg/dL Glu102mg/dL AMY67U/L CRP0.29mg/dL 総蛋白7.6g/dL
<胸部Xp>肺野に浸潤影認めず CP-angle sharp
<頚部軟線>

著者プロフィール

MedPeer(メドピア)●日経メディカル Onlineとメドピア(株)が共同運営する医師向けコミュニティーサイト。著名臨床研修指定病院との連携によるオンライン症例検討、薬剤に関する口コミ評価、各種のアンケートなどを実施。

連載の紹介

MedPeer ケース・カンファレンス
医師が医師のために運営する日本最大の医師限定掲示板「MedPeer」では、会員医師がネット上で自由に参加できる症例検討会を実施中(iCC;インタラクティブ・ケース・カンファレンス)。その中から興味深い症例をピックアップして紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ