日経メディカルのロゴ画像

第69回 主訴:[発熱][腰痛]
持続する発熱を主訴に受診した70歳女性
齊藤悠太(飯塚病院)

2013/09/30

飯塚病院 齊藤悠太先生

【症例】 70歳、女性

【主訴】 発熱、腰痛

【現病歴】
慢性心不全、発作性心房細動に対しワーファリン内服中、近医かかりつけのADL自立した70歳女性。来院8週間前より黒色便が持続するため近医を受診した。上部消化管内視鏡検査を施行したが出血源は指摘できず、自然止血が見られたため、待機的に下部内視鏡検査施行予定となっていた。同院受診時に37℃台の微熱と血液検査で炎症反応上昇を認めていたため、レボフロキサシンの内服が開始された。その1週間後、炎症反応は改善あり、レボフロキサシンは終了とした後も微熱は持続していた。その後、来院3週間前に特に誘因なく腰痛が出現した。症状増悪あり、来院3日前に近医を再診した。炎症反応高値あり、腰痛も改善に乏しかったため、当院総合診療内科を紹介され受診となった。

ROS:食欲低下(+)、
体重:2ヶ月前より3kg減少(47kg→44kgへ)、
排便:1回/2日、
黒色便(-)、頭痛(-)、鼻汁(-)、咽頭痛(-)、喀痰(-)、咳嗽(-)、呼吸困難(-)、胸痛(-)、動悸(-)、腹痛(-)、腹部膨満感(-)、嘔気(-)、嘔吐(-)、下痢(-)、腰痛(+)、四肢冷感(-)、関節痛(-)、筋痛(-)、麻痺(-)、悪寒(-)、戦慄(-)

【既往歴】
40歳 胃潰瘍(胃部分切除術施行)
41歳 卵巣腫瘍摘出術
68歳 高血圧症、発作性心房細動、慢性心不全

【服薬】
ワーファリン(1)2T分1、プロレナール(5)3T分3、ピリナジン末0.5g頓服、プルゼニド(12)3T分1、マグミット(500)4T分2、ワソラン(40)2T分2、ラニラピッド(0.1)0.5T分1、ラシックス(40)0.5T分1、ザイロリック(100)1T分1、パリエット(10)1T分1、ボノテオ(50)1T分1、ハイペン(200)2T分2

【アレルギー】 なし

【社会歴】
[ADL]自立
[家族]夫との2人暮らし 
[飲酒]焼酎0.5合/日 
[喫煙]20本/日×50年間

【家族歴】 父:大腸癌、母:結核

著者プロフィール

MedPeer(メドピア)●日経メディカル Onlineとメドピア(株)が共同運営する医師向けコミュニティーサイト。著名臨床研修指定病院との連携によるオンライン症例検討、薬剤に関する口コミ評価、各種のアンケートなどを実施。

連載の紹介

MedPeer ケース・カンファレンス
医師が医師のために運営する日本最大の医師限定掲示板「MedPeer」では、会員医師がネット上で自由に参加できる症例検討会を実施中(iCC;インタラクティブ・ケース・カンファレンス)。その中から興味深い症例をピックアップして紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ