日経メディカルのロゴ画像

第66回 主訴:[口渇][多尿]
羊水過少・新生児脱水を契機に判明した多尿の産褥婦
竹内靖博(虎の門病院)

2013/08/30

虎の門病院 竹内靖博先生

【患 者】 32歳女性

【主 訴】 口渇、多尿

【既往歴】 2度の自然流産、その他特記事項なし

【生活歴】 喫煙歴なし、飲酒歴なし

【現病歴】
・X年11月に妊娠
・37週頃より口渇、多尿、発汗減少を自覚していた
しかし、下腿の浮腫を自覚していたため、飲水を自己制限していた
・38週の検診で最高時より2kgの体重減少と羊水過少を指摘された
そのため、誘発分娩目的に緊急入院となった

【入院時現症】
身長 154.5cm、体重 45.2kg(妊娠前40kg)、腹囲 79cm
BP 126/80mmHg、PR 66回/min(整)、
BT 37.1℃、意識清明、胸部異常無し、両側下腿浮腫軽度

【入院後経過1】
入院2日目に誘発分娩にて2446gの女児を娩出したが、新生児仮死の状態であった。高体温と乏尿を伴い、高張性脱水による仮死と考えられた。

【児の検査結果】
BUN 34mg/dL、Cre 2.3mg/dL、Na 166mmol/L、K 4.0mmol/L、Cl 131mmol/L
浸透圧 353mOsm/kgH2O

<質問1>
・予想される母体の体液・電解質異常はどのようなものでしょうか?
・母体の病態を診断する上で至急に必要な検査は?

著者プロフィール

MedPeer(メドピア)●日経メディカル Onlineとメドピア(株)が共同運営する医師向けコミュニティーサイト。著名臨床研修指定病院との連携によるオンライン症例検討、薬剤に関する口コミ評価、各種のアンケートなどを実施。

連載の紹介

MedPeer ケース・カンファレンス
医師が医師のために運営する日本最大の医師限定掲示板「MedPeer」では、会員医師がネット上で自由に参加できる症例検討会を実施中(iCC;インタラクティブ・ケース・カンファレンス)。その中から興味深い症例をピックアップして紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ