日経メディカルのロゴ画像

第50回 主訴:[嚥下障害]
胃潰瘍の既往があるADL自立した独居の75歳女性
細川泰三(飯塚病院)

2013/03/19

飯塚病院 細川泰三先生

【患者】 75歳 女性

【主訴】 嚥下障害

【現病歴】
 過活動膀胱と骨粗鬆症にて通院加療中、胃潰瘍の既往があるADL自立した独居の75歳女性。
 悪性腫瘍の家族歴があるため癌に対する不安が強く、16年前より毎年かかりつけ病院で上部消化管内視鏡検査を受けていた。これまでの検査ではポリープと軽度食道裂孔ヘルニア以外に異常所見は指摘されていない。最終の上部消化管内視鏡検査は約1年前。
 入院1カ月前から朝起床時に口内の酸っぱい感じがあったが、入院3日前の昼食摂取時までは普段と変わりなく過ごしていた。腹痛、黒色便、下痢などの消化器症状はなかった。同日の夕食摂取時に、突然、前胸部の絞扼感が出現し、約2分後に嘔吐した。食べ物が前胸部を通過する際に、前胸部がキューッと詰まるような感覚であった。吐物には血液の混入はなく、胃液が混じっていた。嘔吐後に症状は軽快した。固形物だけでなく水分でも同様の症状が出現した。嚥下時にムセはなかった。食事摂取時にのみ症状が出現し、食事摂取時以外に前胸部痛や腹痛、嘔気嘔吐はなかった。以後、食事を摂取しようとすると必ず同様の症状が出現した。このため、このエピソード以降は全く飲食が出来なくなった。癌ではないかと心配となり入院当日に当科外来を受診した。
 幼少時より母から食事はよく噛むように注意を受けていた。食事摂取時は常に40~50回以上咀嚼し、肉などの硬いものを食べる際には100回以上咀嚼する習慣があった。最近、ストレスを感じるようなことは特に無かった。

【既往歴】
68歳:腰椎圧迫骨折、過活動性膀胱、胃潰瘍
75歳~:高血圧(食事療法のみ)

【薬剤歴】
コハク酸ソリフェナシン(ベシケア)5mg 2T分1朝(当院泌尿器科処方)
ロキソプロフェン(ロキソニン) 1T 疼痛時(近医内科処方)普段は内服していないが、
趣味の登山時に膝痛が出現したら内服していた。

【アレルギー】 食物:なし、薬剤:なし

【社会歴】
[ADL] 完全自立 [家族] 独居、息子は同一県内に在住
[職業] 無職 [飲酒・喫煙] なし
[最終食事摂取] 入院3日前の昼
[食事の嗜好] 塩辛いものを好む(-)、熱いものを好む(-)
[最終排便] 入院2日前 [体重変化]測定しておらず詳細は不明。

【家族歴】
父:肝臓癌、母:乳癌・脳軟化症、兄:胃癌、弟:胃癌

【入院時身体所見】
[全身状態] 意識:清明、身長:150cm、48kg、BMI:21.3
[Vital signs] 脈拍: 75/min・整、血圧: 140/90mmHg、体温: 36.8℃、SpO2 99%(room air)、呼吸回数:16/分
[頭部] 眼瞼浮腫-、眼結膜(黄染-貧血-出血斑-)
[口腔] 乾燥-、白苔-、咽頭発赤-、腫脹-、舌小体短縮なし、嗄声なし
[頸部] 頸静脈怒張-、リンパ節腫脹-、甲状腺腫大-、圧痛-
[肺] 呼吸音:清、wheeze(-)、crackle(-)、陥没呼吸-、呼気延長-
[心臓] 心音:1→2→ 3-4-、心雑音-
[腹部] 平坦軟、腸蠕動音:亢進減弱なし、圧痛-、筋性防御-、反跳痛-、肝触知-、脾触知-
[四肢] チアノーゼ-、浮腫-、動脈拍動(両側橈骨動脈+、両側足背+)、関節腫脹-、変形-、皮膚硬化-、手指屈曲拘縮-

著者プロフィール

MedPeer(メドピア)●日経メディカル Onlineとメドピア(株)が共同運営する医師向けコミュニティーサイト。著名臨床研修指定病院との連携によるオンライン症例検討、薬剤に関する口コミ評価、各種のアンケートなどを実施。

連載の紹介

MedPeer ケース・カンファレンス
医師が医師のために運営する日本最大の医師限定掲示板「MedPeer」では、会員医師がネット上で自由に参加できる症例検討会を実施中(iCC;インタラクティブ・ケース・カンファレンス)。その中から興味深い症例をピックアップして紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ