日経メディカルのロゴ画像

第39回 主訴: [右頸部痛]
右頸部痛を主訴に来院した69歳女性
吉田 伸(飯塚病院総合診療科)

2012/11/30

◎飯塚病院 吉田伸 先生

【患者】 69歳女性

【主訴】 右頸部痛

【現病歴】
特記すべき既往のないADL自立した69歳女性
入院1週間前、テレビを見ている時に、右肩の付け根に刺し込むような痛みが出現した。安静時の持続痛であり、起き上がる動作で増悪した。同日近医整形外科を受診し、レントゲンでは骨折病変がなく、NSAIDsを処方され帰宅したが、その後も疼痛は増悪していた。
入院5日前より、右頸部前面に腫脹と圧痛が出現し、当院救急外来を受診し、帰宅となった。その後、NSAIDs内服により一時的に右頸部痛は軽快するが、徐々に増悪してきたため、入院前日に当院総合診療科外来を受診した。
ROS:発熱(-)、頭痛(-)、鼻汁(-)、喀痰/咳嗽(-)、呼吸苦(-)、胸痛(-)、四肢関節痛(-) Sick contact(-)

【既往歴】
高血圧(-)、糖尿病(-)、喘息(-)、結核(-)、心疾患(-)、腎疾患(-)、肝疾患(-)
今まで通院歴、入院歴なく、健診を受けた事がない
静脈注射、関節穿刺などデバイス挿入の既往なし。外傷なし。上顎側の歯に対して歯科治療受けていたが自己中断している
[服薬]ロキソプロフェン(60mg)を頓用で使用
[アレルギー]なし

【社会歴】
[ADL]自立
[家族]夫と二人暮らし 息子2人と娘1人  KP:夫
[飲酒]なし
[喫煙]なし
[排便]15日からは硬い小さな便が出たのみ

【家族歴】
父:結核 弟:膀胱癌

【社会歴】
[ADL]自立。疼痛のため、入院一週間前より食事量は半減し、トイレに行きづらく便秘あり
[家族]夫と二人暮らし 息子2人と娘1人  KP:夫
[飲酒]なし [喫煙]なし

【入院時身体所見】
全身状態 意識レベルJCS 0、身長155cm、体重58kg、BMI24.1
バイタルサイン 脈拍: 75/min、 血圧:157 /83mmHg、 体温: 36.0℃
呼吸数: 20/min、SpO2:99%(RA)
頭部 口腔内左上顎に齲歯あり、歯肉炎なし
頸部 右胸鎖関節に5cm大の腫脹・圧痛があり、右鎖骨周囲に発赤・熱感あり
頸部リンパ節腫脹・甲状腺の腫大、圧痛・項部硬直はない
肺 呼吸音: 清で、 wheezeや crackleなし
心臓 心雑音なし
腹部 平坦軟、圧痛なし
背部 筋肉圧痛・脊椎叩打痛なし
関節 四肢関節、仙腸関節の圧痛腫大はなし
四肢 Osler結節-、 Janeway病変-、掌蹠嚢胞症、筋肉の圧痛なし
皮膚 右胸鎖関節周囲以外の発赤腫脹や、皮膚剥離、外傷、注射痕なし

著者プロフィール

MedPeer(メドピア)●日経メディカル Onlineとメドピア(株)が共同運営する医師向けコミュニティーサイト。著名臨床研修指定病院との連携によるオンライン症例検討、薬剤に関する口コミ評価、各種のアンケートなどを実施。

連載の紹介

MedPeer ケース・カンファレンス
医師が医師のために運営する日本最大の医師限定掲示板「MedPeer」では、会員医師がネット上で自由に参加できる症例検討会を実施中(iCC;インタラクティブ・ケース・カンファレンス)。その中から興味深い症例をピックアップして紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ