日経メディカルのロゴ画像

第35回 主訴: [食思不振]
食思不振を主訴に受診した78歳男性
水戸陽貴(手稲渓仁会病院)

2012/10/19

◎手稲渓仁会病院 水戸陽貴 先生

【主訴】 食思不振

【現病歴】
来院1カ月前頃より徐々に食欲低下を認めていた。来院前1~2週間はほとんど食べなくなっていた。食思不振が進行してきたことを妻が心配し当院内科外来を初診。妻の話では2~3カ月前から米を食べなくなり、おかずのみ食べるようになっていた。2カ月前に孫が遊びに来ていた際には一緒に机に座り食事を摂れていた。患者本人としては以前と特に変わりはない気がするとのことであった。採血上も軽度の脱水所見を認めるのみであったため、水分摂取を励行しその日は帰宅となっていた。

帰宅後は椅子に座り、雑誌を読んだりしていたが、翌日からはほぼ寝たきりの状態となり、水分も数口飲む程度となった。徐々に意識レベル低下がみられたため初診日から4日後に救急要請となった。

【既往歴】
73歳 膀胱癌
75歳 左腎盂癌(左腎尿管全摘)、脳動脈瘤

【内服】 プラビックス75mg 1T/1×

【アレルギー】 NKDA

【社会歴】
 喫煙:20本/日 20-50歳
 飲酒:なし
 職業:元教師
 ADL:Full
 家族構成:妻と息子と3人暮らし
 sick contact:なし
 旅行:なし 

【家族歴】 弟:腎臓癌

【入院時身体所見】
意識:JCS100 
Vital signs:BP131/67 HR101 reg BT36.5℃ RR15 SpO2 98% in RA 
頭部:眼瞼結膜蒼白なし、眼球結膜黄疸なし、咽頭発赤・扁桃腫脹なし
   口腔内乾燥著明、口腔内汚染著明
頸部:リンパ節、甲状腺腫脹なし
心音:S1S2 clear no S3/S4 no murmur
肺野:no wheezes/rhonchi/crackles
腹部:腸蠕動音正常、平坦軟、圧痛なし
背部:CVA tenderness(-)
四肢:浮腫なし、足背動脈 +/+
皮膚:胸腰椎部分褥瘡(+)、左寛骨部褥瘡・水疱形成(+)
神経:両側瞳孔3mm大、対光反射不明瞭、右下肢Babinski(+)

【検査データ】
[血液検査]
<血算>WBC 14050 /μL、RBC 450×104 /μL、Hb 14.5g/dL、Ht 42.7%、PLT 28.7×104 /μL、<生化学>TP 7.4 g/dL、ALP 202 U/L、AST 76 U/L、ALT 29 U/L、LDH 253 U/L、T-Bil 0.8 mg/dL、Na 142 g/dL、K 4.2 mEq/L、Cl 106 mEq/L、BUN 79.5 mg/dL、Cre 1.46 mg/dL、UA 14.2 mg/dL、NH3 40 μg/dL、Ca 9.6mg/dL、P 4.7 mg/dL、Mg 2.8 mg/dL、CRP 4.66mg/dL、Glu 142mg/dL
[尿定性] PH 5.0、蛋白 (+-)、糖 (-)、ケトン体 (+)、潜血 (-)、Bil (-)
[尿沈査] 赤血球1未満、白血球1-4個、細菌 (1+)
[動脈血液ガス(室内気)] pH7.445 PO2 106 PCO2 29.1 HCO3 19.6 Lac 26
[胸部レントゲン] 明らかな異常を認めず

鑑別診断として、何を考え、何を検査しますか?


著者プロフィール

MedPeer(メドピア)●日経メディカル Onlineとメドピア(株)が共同運営する医師向けコミュニティーサイト。著名臨床研修指定病院との連携によるオンライン症例検討、薬剤に関する口コミ評価、各種のアンケートなどを実施。

連載の紹介

MedPeer ケース・カンファレンス
医師が医師のために運営する日本最大の医師限定掲示板「MedPeer」では、会員医師がネット上で自由に参加できる症例検討会を実施中(iCC;インタラクティブ・ケース・カンファレンス)。その中から興味深い症例をピックアップして紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ