日経メディカルのロゴ画像

第19回 主訴: [全身の痛み]
全身の痛みを主訴に来院した60歳男性

2012/05/10
檜田剛(飯塚病院)

◎出題:飯塚病院 檜田剛先生

【患者プロフィール】
60歳 男性

【主訴】 体全体が痛く、歩行が難しい

【現病歴】
3年前から両股関節部にズキズキとした痛みを自覚していた。次第に腰部に重い痛みが出現するようになり、背部、胸部下部、胸部上部にも痛みが拡がっていった。1年前に、知人の勧めで遠方の総合病院や整形外科専門病院を受診し精査を受けたが原因は不明であった。痛みは持続痛で体動により増悪した。特に坐位から立位になるときに腰部・下肢の痛みがひどく、また、下肢に力が入りにくい感じを自覚していた。更衣や整髪時には、腕の易疲労感も自覚していた。かかりつけ医により、NSAIDs(ロキソニン)、ビタミンB1(アリナミンF)の投与で加療されていたが症状は改善しなかった。NSAIDsとビタミンB1は無効と判断され、半年前に投与中止された。その後も症状が持続するため、精査・加療のため、当科外来を紹介受診した。

【既往歴】
急性肝炎 11年前、近医に入院加療、以降も外来通院。
慢性B型肝炎7年前からラミブジン100mg/日内服開始
3年前から耐性株出現後の肝炎の増悪に対し
アデホビル10mg/日併用開始
当院受診の時点では肝機能異常なく、HBV DNAも検出せず

【服薬】
ゼフィックス(ラミブジン) 100mg 分1
ヘプセラ(アデホビル) 10mg 分1

【アレルギー歴】 特になし

【社会・生活歴】
ADL自立し独居。2人兄弟の次男。
全身の痛みのために日常生活の動作でもゆっくりとしか動けず。
清掃の仕事をしていたが、痛みのために仕事が出来ず退職した。
飲酒は20歳から40歳まで(20年間)3~4合/日。
急性肝炎を契機に断酒。
喫煙は20歳から現在まで15~20本/日。

【家族歴】 父 胃癌で死亡、兄 B型肝炎

【ROS】 食欲変化なし、睡眠6時間/日、体重変化-2kg/3年、排便1回/日、下痢(-)、排尿5~6回/日、排尿時痛(-)、頭痛(-)、耳痛/耳瘻(-)、鼻汁(-)、喀痰/咳嗽(-)、呼吸苦(-)、胸痛(-)、動悸(-)、腹痛(-)、腹部膨満感(-)、嘔気/嘔吐(-)、掻痒感(-)、関節痛/筋痛(+)、麻痺(-)

【初診時身体所見】
全身状態: 良好、身長172cm、体重60kg、BMI20.7
意識状態: JCS-0、GCS-E4V5M6
Vital signs: 脈拍70/min、血圧120/65mmHg、体温36.8℃、呼吸数16/min(RA)
頭部: 眼結膜(黄染-貧血-出血斑-)、瞳孔4/4mm、不同-、対光反射+/+
口腔:義歯-、齲歯-、潰瘍-、乾燥-、白苔-、咽頭発赤-、腫脹-
頸部:静脈怒張-、リンパ節腫脹-、圧痛-、甲状腺腫大-、項部硬直-
胸部:呼吸音清、wheeze(-)、crackle(-)、心音I→II→III-IV-、
心雑音-、両側胸部に圧痛あり、両側肋骨弓部に圧痛あり
腹部:平坦軟、手術痕-、腹壁静脈怒脹-、腸蠕動正常、腎動脈部雑音-、
圧痛-、肝触知-、脾触知-、腎触知-、鼠径部腫瘤-、腫瘤触知-
腰背部:上背部脊柱右側に圧痛あり、腰部~仙骨部に圧痛あり、
左下位肋骨部に圧痛あり

著者プロフィール

MedPeer(メドピア)●日経メディカル Onlineとメドピア(株)が共同運営する医師向けコミュニティーサイト。著名臨床研修指定病院との連携によるオンライン症例検討、薬剤に関する口コミ評価、各種のアンケートなどを実施。

連載の紹介

MedPeer ケース・カンファレンス
医師が医師のために運営する日本最大の医師限定掲示板「MedPeer」では、会員医師がネット上で自由に参加できる症例検討会を実施中(iCC;インタラクティブ・ケース・カンファレンス)。その中から興味深い症例をピックアップして紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ