日経メディカルのロゴ画像

血管穿刺(1)- 静脈内注射
針は15~20度の角度ですばやく刺入する

2007/01/15

 静脈内注射を行う際は、注射部位より中枢側、通常は上腕部の中ほどに駆血隊を巻きうっ血させる。静脈が浮き出るのを待って、注射しやすい静脈を決定する。十分なうっ血が得られない場合は、手を数回握ったり開いたり、駆血した部分を心臓より下に下げたりしてもらうとよい。注射する静脈が決定したら、注射部位を酒精綿で消毒する。アルコールが乾いたら、親指で皮膚を末梢側に軽く引っ張り、注射器を皮膚面に15~20度の角度に構える。注射針の太さは、21ゲージから23ゲージ程度が適当である。→ 医師会員限定コンテンツです。

著者プロフィール

福家伸夫(帝京大学ちば総合医療センター救急集中治療センター教授)●ふけ のぶお氏。 1977年東大卒後、同大麻酔科入局。自治医大ICU講師、帝京大市原病院集中治療部助教授を経て、97年より現職。

連載の紹介

【臨床講座】動画で学ぶ 注射・穿刺
日常診療の中で何気なく行っている注射や穿刺。本連載では、注射と穿刺を「血管穿刺」「皮膚穿刺」「体腔穿刺」の3つに大別し、それぞれの手順をビデオで示しながら、スムーズかつ安全に行うコツを紹介します。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ