日経メディカルのロゴ画像

「循環器の薬は大切だから」と過量服用

2013/07/09

<処方箋の具体的内容は>

60歳代の男性
<処方1>(ワルファリン中止前の処方薬で、自宅にあった残薬) 病院 循環器科
アーチスト錠10mg 0.5錠
1日1回 朝食後
14日分
オルメテック錠20mg 1錠
1日1回 朝食後
14日分
ワーファリン錠1mg 2.5錠
1日1回 朝食後
14日分
他、処方薬2剤
 すべて一包化
<処方2>(ワルファリン中止時の処方)  病院 消化器科
アーチスト錠10mg 0.5錠
1日1回 朝食後
7日分
オルメテック錠20mg 1錠
1日1回 朝食後
7日分
フェロミア錠50mg 2錠
1日2回 朝夕食後
7日分
他、処方薬2剤(<処方1>と変更なし)
 以上すべて一包化
他に胃潰瘍治療剤など数剤を処方
<処方3>(今回の処方、ワルファリン再開後)  病院 循環器科
アーチスト錠10mg 0.5錠
1日1回 朝食後
7日分
オルメテック錠20mg 1錠
1日1回 朝食後
7日分
ワーファリン錠1mg 2.5錠
1日1回 朝食後
7日分
フェロミア錠50mg 2錠
1日2回 朝夕食後
7日分
他、処方薬2剤(<処方1>と変更なし)
 以上すべて一包化
ワーファリン錠5mg 1錠
1日1回 帰ってすぐ服用
1日分
他に胃潰瘍治療剤など数剤を処方
一包化せず処方したワーファリン錠5mg1錠は、帰宅後すぐに服用し、翌日から一包化した処方薬を服用

連載の紹介

医師のための薬の時間
薬物治療に関するヒヤリ・ハット事例や薬物相互作用に関する情報を毎週提供しているNPO法人医薬品ライフタイムマネジメントセンター「医師のための薬の時間」(東京大学大学院薬学系研究科の教員が運営)。その内容の一部をご紹介します。
*印は医薬品ライフタイムマネジメントセンターのWebサイトにあり、記事にリンクしています。

この記事を読んでいる人におすすめ