日経メディカルのロゴ画像

使用期限「20113」の薬、いつまで使える?

2010/10/12

<処方せんの具体的内容は>

80代の女性
<処方 1>病院の眼科 平成22年10月
キサラタン点眼液0.005%(2.5 mL)
1本
1回1滴
1日1回
両眼に点眼

<何が起こりましたか?>

・キサラタン点眼液<ラタノプロスト>の使用期限が過ぎてしまっていて、使えないと訴えられた。

<どのような過程で起こりましたか?>

・患者にキサラタン点眼液<ラタノプロスト>を処方した。
・翌日再度患者が来院し、昨日もらった目薬の使用期限が過ぎてしまっていて使えないと訴えた。
・患者が持参した目薬の使用期限を確認したところ(図)、2011.3と記載されており、使用期限が切れるまでに、まだ5カ月ほどあった。

連載の紹介

医師のための薬の時間
薬物治療に関するヒヤリ・ハット事例や薬物相互作用に関する情報を毎週提供しているNPO法人医薬品ライフタイムマネジメントセンター「医師のための薬の時間」(東京大学大学院薬学系研究科の教員が運営)。その内容の一部をご紹介します。
*印は医薬品ライフタイムマネジメントセンターのWebサイトにあり、記事にリンクしています。

この記事を読んでいる人におすすめ