日経メディカルのロゴ画像

ヴァイデックス錠と併用できない薬は?

2010/06/15

問題編

1 処方とエピソード
60歳の男性 (体重65kg)
<処方1>病院の内科 手書き処方せん
ストックリンカプセル200(200mg)
3Cap
1日1回
就寝前
14日分
レトロビルカプセル100mg
6Cap
1日2回
12時間ごとに服用
14日分
ヴァイデックス錠100(100mg)
4錠
1日2回
12時間ごとに食間に服用
14日分
<処方2>病院の内科 手書き処方せん
シプロキサン錠100mg
2錠
1日2回
朝夕食後
4日分
患者は HIV 感染患者であり、<処方 1> を継続服用中である。
今回、Mycobacterium avium 感染のため、<処方 2> のシプロキサン錠を処方しようと考えた。
2.問題
a <処方 1>と<処方 2>を併用すると、どのような問題があるでしょうか?
b その問題はなぜ起きるのでしょうか?
c その問題を回避するにはどのようにすればよいでしょうか?
処方薬の一般名/商品名リスト
エファビレンツ(EFV) ストックリンカプセル200
ストックリン錠200mg/600mg
ジドブジン(AZT) レトロビルカプセル100mg
ジダノシン(ddI) ヴァイデックス錠25/50/100
ヴァイデックスECカプセル125/200
シプロフロキサシン塩酸塩 シプロキサン錠100mg/200mg
シバスタン錠200mg
シプロフロキサシン錠200mg「タナベ」
シフロキノン錠100/200
シプキサノン錠100mg
ジスプロチン錠100mg/200mg
フロキシール錠100/200
プリモール錠100mg/200mg
ベンジング錠200mg
ペイトン錠100

連載の紹介

医師のための薬の時間
薬物治療に関するヒヤリ・ハット事例や薬物相互作用に関する情報を毎週提供しているNPO法人医薬品ライフタイムマネジメントセンター「医師のための薬の時間」(東京大学大学院薬学系研究科の教員が運営)。その内容の一部をご紹介します。
*印は医薬品ライフタイムマネジメントセンターのWebサイトにあり、記事にリンクしています。

この記事を読んでいる人におすすめ