日経メディカルのロゴ画像

患者用説明書きで怖くなり、プラビックスを非服用!

2009/12/08

1.処方の具体的内容は

68歳女性
<処方1>病院の脳神経科/オーダー印字

フェノバール散 10% 100mg (力価) 1日2回 朝夕食後 30日分
プラビックス錠 75mg 1錠 1日1回 朝食後 30日分

<処方2>病院の脳神経科/オーダー印字

フェノバール散 10% 80mg(力価) 1日2回 朝夕食後 30日分
プラビックス錠 25mg 2錠 1日1回 朝食後 30日分

連載の紹介

医師のための薬の時間
薬物治療に関するヒヤリ・ハット事例や薬物相互作用に関する情報を毎週提供しているNPO法人医薬品ライフタイムマネジメントセンター「医師のための薬の時間」(東京大学大学院薬学系研究科の教員が運営)。その内容の一部をご紹介します。
*印は医薬品ライフタイムマネジメントセンターのWebサイトにあり、記事にリンクしています。

この記事を読んでいる人におすすめ