日経メディカルのロゴ画像

ヒヤリ・ハット事例<141>
歯痛にコルヒチンを使わせそうになった

2009/03/02

1 処方の具体的内容は?

60 歳代、男性
<処方 1> 当歯科医院



セフゾンカプセル 100 mg 3 カプセル 1 日 3 回 毎食後 7 日分



2 何が起こりましたか?

  • 患者に消炎鎮痛剤 (NSAIDs) を処方しようとしたが、患者から「内科からもらった痛風痛み止めがある」と言われたために、「ではそれを服用してください」と言ってしまった
     
  • しかし、実際の内科から処方されていた「痛み止め」は NSAIDs ではなく、痛風発作の予兆に対して用いられるコルヒチンであった

連載の紹介

医師のための薬の時間
薬物治療に関するヒヤリ・ハット事例や薬物相互作用に関する情報を毎週提供しているNPO法人医薬品ライフタイムマネジメントセンター「医師のための薬の時間」(東京大学大学院薬学系研究科の教員が運営)。その内容の一部をご紹介します。
*印は医薬品ライフタイムマネジメントセンターのWebサイトにあり、記事にリンクしています。

この記事を読んでいる人におすすめ