日経メディカルのロゴ画像

専門医資格、開業後に役立つのは?

2021/06/14
専門医資格、開業後に役立つのは?の画像

 専門医制度や学会のあり方について色々と議論されていますが、皆さんはどのような専門医資格をお持ちですか? また、開業してから専門医資格は役立っていますか?(1)診療科目、(2)取ったことのある専門医資格、(3)取ってよかったと思う専門医・更新し続けようと思う専門医、その理由──などを教えてください。

ロンメンバーの回答

<D医師>
(1)脳神経外科

(2)脳神経外科、認知症、頭痛、脳卒中の専門医資格、認知症ケア専門士、認知症サポート医の資格を所持。神経内視鏡、がん治療認定医は手放した。

(3)認知症専門医、頭痛専門医は取ってよかったと思う。

 現在、臨床で診ている患者さんの8割が頭痛または認知症であり、新しい知識を学会などで勉強することで診療に還元できるから。また、学会のウェブサイトで専門医のリストとして掲載されており、広告にもなる。現状、手術をしていないので、脳神経外科専門医としてはあまり活躍していないが、基本領域なので更新している。

 学会、資格については、開業後、なるべくスリムにしようと20近く入っていた学会を4学会に絞った。開業するときには断捨離が必要であると思う。

連載の紹介

開業医オンラインサロンで聞いてみた
診療所開業医や、近い将来での開業を考えている医師がインターネット上で集まる「開業医・開業準備医師オンラインサロン」。参加には管理者からの医師確認が必須です。中では “COIなし”の本音トークが日々、展開中。診療所経営や開業に役立つ生の情報を、ダイジェストでご紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ