日経メディカルのロゴ画像

国際医療福祉大学成田病院感染症カンファレンス
若年女性の高熱・CVA叩打痛、尿検査異常なしでも疑うべきは?

2021/11/19

16歳女性。発熱、悪寒戦慄、嘔気

前日に悪寒戦慄を伴う39℃台の発熱があり、近医を受診したところ、膿尿もなく原因不明とされ、解熱鎮痛薬を処方されて帰宅。翌日も40℃台の発熱を認め、処方薬を服用しても解熱しなかった。悪寒戦慄が持続し、嘔気が出現したため、母親に付き添われ、国際医療福祉大学成田病院の救急外来をウオークインで受診した。

連載の紹介

カンファで学ぶ臨床推論
病歴と身体所見、検査値などから鑑別疾患を考え、追加の問診や検査によりいかに論理的に診断を絞り込むことができるのか。日常診療の基礎となる「臨床推論」のトレーニングに主眼を置いたカンファレンスを収録しました。本連載は、『日経メディカル』誌の「カンファで学ぶ臨床推論」(旧タイトル:「日常診療のピットフォール」)からの転載です。

この記事を読んでいる人におすすめ