症例は90歳女性です。長男家族と同居されていて要支援2、屋内杖歩行で、認知機能は年齢相応の方です。主訴は発熱、悪寒戦慄。

 現病歴は、入院1週間前から鼻汁、咳嗽、喀痰があり、市販の風邪薬を内服されていました。その後、鼻水の方は改善しましたが、咳と痰が続いていました。入院2日前も特に症状に変わりはなく、入院の1日前の午前3時30分に立ちくらみがあって、座り込み、横になったそうです。5時半ごろに横になっている本人を息子が発見して救急要請しました。

よくある疾患の落とし穴~90歳女性の発熱~の画像

ログインして全文を読む