日経メディカルのロゴ画像

湘南鎌倉総合病院「ER総合内科合同カンファレンス」
硬膜外ブロック不応の腰痛に隠れていたあの疾患
iryoo.comより

2019/04/29
硬膜外ブロック不応の腰痛に隠れていたあの疾患の画像

 症例は、67歳の男性です。主訴は腰痛です。

 現病歴です。腰痛があって近医の整形外科を受診しました。4カ月前、そこでレントゲンを撮られて問題はありませんと言われました。痛みが強かったので、そのまま総合病院へ紹介状を作ってもらって受診しました。そこの総合病院では労災として治療しましょうと言われて内服薬を処方されました。

 2カ月前、薬を飲んだときは少しは聞くんだけど、痛みがずっと続くということで、友達に勧められた近所のペインクリニックを受診しました。そこでブロック注射とか硬膜外ブロックをしてもらうことになりました。

連載の紹介

カンファで学ぶ臨床推論
病歴と身体所見、検査値などから鑑別疾患を考え、追加の問診や検査によりいかに論理的に診断を絞り込むことができるのか。日常診療の基礎となる「臨床推論」のトレーニングに主眼を置いたカンファレンスを収録しました。本連載は、『日経メディカル』誌の「カンファで学ぶ臨床推論」(旧タイトル:「日常診療のピットフォール」)からの転載です。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ