日経メディカルのロゴ画像

ペースメーカー電池切れトラブルは突然やってくる
済生会福岡総合病院総合診療部カンファレンス

2018/02/01

81歳女性。咳、咽頭違和感、労作時息切れ

数日前から咳、労作時呼吸困難、咽頭違和感を自覚し、様子を見ていたが改善せず、済生会福岡総合病院耳鼻科を受診した。粘稠痰があり咽頭違和感の説明は付くが、その他の症状の原因が不明であったため、総合診療部に紹介された。

済生会福岡総合病院総合診療部カンファレンス

症例提示:岩崎 秀治(総合診療部後期研修医)

司会:田中 和豊(総合診療部)

出席者:初期研修医:A、B、C、D、E、F

編集アドバイス:林田 実生(はやしだ内科クリニック、日本循環器学会認定循環器専門医)

研修医・医学生向けに不定期に開催。総合診療外来・救急外来受診患者を題材として、問診・診察・検査・診断・治療・マネジメントをより正確・迅速に、そして美しく行うことを目標としている。

連載の紹介

カンファで学ぶ臨床推論
病歴と身体所見、検査値などから鑑別疾患を考え、追加の問診や検査によりいかに論理的に診断を絞り込むことができるのか。日常診療の基礎となる「臨床推論」のトレーニングに主眼を置いたカンファレンスを収録しました。本連載は、『日経メディカル』誌の「カンファで学ぶ臨床推論」(旧タイトル:「日常診療のピットフォール」)からの転載です。

この記事を読んでいる人におすすめ