日経メディカルのロゴ画像

ADL自立の超高齢者に生じた一過性意識障害の原因は?
安城更生病院(愛知県安城市)教育症例カンファレンスより

2012/11/16

主訴 94歳、男性。意識障害。

普段は独り暮らしで、デイサービスセンターに通っている。受診当日、デイサービスを受けている最中に「調子が悪い」と訴えた。帰宅後に突然、「お母さん、お母さん」と声を発した後に意識を消失したため、家族が救急搬送を要請した。

連載の紹介

カンファで学ぶ臨床推論
病歴と身体所見、検査値などから鑑別疾患を考え、追加の問診や検査によりいかに論理的に診断を絞り込むことができるのか。日常診療の基礎となる「臨床推論」のトレーニングに主眼を置いたカンファレンスを収録しました。本連載は、『日経メディカル』誌の「カンファで学ぶ臨床推論」(旧タイトル:「日常診療のピットフォール」)からの転載です。

この記事を読んでいる人におすすめ