Cadetto.jpのロゴ画像

糖尿病・内分泌Q&Aシリーズ《20》
視力低下した患者にインスリン療法を続ける?

2022/05/02
AntaaQA
視力低下した患者にインスリン療法を続ける?の画像

<内科医>

 2年目の研修医です。失明後の糖尿病患者のインスリン自己管理について相談です。

60歳代男性、40歳代の頃から糖尿病の指摘を受けていましたが、服薬アドヒアランスもインスリン導入後の自己管理も悪かった方です。透析導入のため、シャント造設術後に創部感染を起こし当院入院中ですが、視力低下が進行してインスリン自己注射の目盛りすら読めなくなってしまい、看護師に打ってもらっています。

本人は多少は心を入れ替えたようですが、退院後は独居ですし、年齢も若いため、介護サービスや訪問看護を積極的に入れにくい状況です。

このような状況の方でもインスリンの自己管理ができるような器具や、動機付けの方法をご存じでしたらご教示いただけますと幸いです。

著者プロフィール

Antaa●あんたー。「つながる力で医療を支える」を合言葉に、医師による医師のための活動をしています。主に、医師同士のQAアプリ「AntaaQA」や医療者のためのスライド共有「AntaaSlide」を運営しています。

連載の紹介

AntaaQAピックアップ
「ガイドラインはこうだけど実際は?」「添付文書の副作用のうち、臨床で重要なものは?」――。医師の「知りたい」の解決を目指すAntaa。医師同士のQAアプリ「AntaaQA」の内容をご紹介します

この記事を読んでいる人におすすめ