Cadetto.jpのロゴ画像

眼科Q&Aシリーズ《8》
英語論文での視力表記、小数のままでいい?

2021/07/15
AntaaQA
英語論文での視力表記、小数のままでいい?の画像

<内科医>
英語論文での視力表記について


欧州系の膠原病雑誌に症例報告を書いているのですが、視力の表記法について教えてください。

一般的に欧州・米国では視力を20/40のようなフィート法で記載するのが一般的かと思いますが、適当に論文をあさってみるとフィート法で書いているものもあれば0.5のように日本と同様の記載がある文献も散見されます。

普通に考えれば前者での表記が望ましいと思われますが、「どちらが良い」ですとか、「どちらでも良い」など、論文投稿に慣れた眼科の先生に教えていただけると助かります。

著者プロフィール

Antaa●あんたー。「つながる力で医療を支える」を合言葉に、医師による医師のための活動をしています。主に、医師同士のQAアプリ「AntaaQA」や医療者のためのスライド共有「AntaaSlide」を運営しています。

連載の紹介

AntaaQAピックアップ
「ガイドラインはこうだけど実際は?」「添付文書の副作用のうち、臨床で重要なものは?」――。医師の「知りたい」の解決を目指すAntaa。医師同士のQAアプリ「AntaaQA」の内容をご紹介します

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ