Cadetto.jpのロゴ画像

感染症科Q&Aシリーズ《3》
細菌尿あり膿尿なし、尿路感染症は除外できる?

2020/11/11
AntaaQA
細菌尿あり膿尿なし、尿路感染症は除外できる?の画像

<糖尿病・内分泌代謝内科医>
生来健康な40代男性の発熱で、「細菌尿あり・膿尿なし」の場合に尿路感染症は鑑別に挙がるでしょうか?

全身状態は良好でしたが、採血にてWBC 3万5000、Neu 90%と細菌感染を疑う所見でした。
また尿では細菌数 10万/mL、白血球 2,3/HPFと細菌尿はあるものの、膿尿はありませんでした。またCTで上尿路の閉塞は認められませんでした。

以上から、所見としては感染性腸炎が疑わしいのですが、採血からは感染性心膜炎含め細菌感染が疑わしかったため、入院としました。DMもなく、尿路に明らかな異常のない男性ですが、膿尿がなくても細菌尿に対して尿路をfocusと考えるべきでしょうか? という疑問です。

著者プロフィール

Antaa●あんたー。「つながる力で医療を支える」を合言葉に、医師による医師のための活動をしています。主に、医師同士のQAアプリ「AntaaQA」や医療者のためのスライド共有「AntaaSlide」を運営しています。

連載の紹介

AntaaQAピックアップ
「ガイドラインはこうだけど実際は?」「添付文書の副作用のうち、臨床で重要なものは?」――。医師の「知りたい」の解決を目指すAntaa。医師同士のQAアプリ「AntaaQA」の内容をご紹介します

この記事を読んでいる人におすすめ