Cadetto.jpのロゴ画像

整形外科Q&Aシリーズ《14》
「主訴:坐骨神経痛」に内科でどこまで介入?

2020/05/15
AntaaQA
「主訴:坐骨神経痛」に内科でどこまで介入?の画像

<総合診療医>
坐骨神経痛を主訴で来られた患者さまに対して一般内科ですと、どこまで介入すればよいかの整形の先生方からのご意見を伺いたいです。
腰痛のレッドフラッグ+膀胱直腸障害の問診
SLR、FNSテスト
を行い、坐骨神経痛が疑わしければその時点で痛み止めを出してフォローで良いのか、その場合でもレントゲンは撮るべきか。原因精査目的で整形外科を紹介してMRIまで撮った方が良いのかに関してご意見伺えればと思います。

著者プロフィール

Antaa●あんたー。「つながる力で医療を支える」を合言葉に、医師による医師のための活動をしています。主に、医師同士のQAアプリ「AntaaQA」や医療者のためのスライド共有「AntaaSlide」を運営しています。

連載の紹介

AntaaQAピックアップ
「ガイドラインはこうだけど実際は?」「添付文書の副作用のうち、臨床で重要なものは?」――。医師の「知りたい」の解決を目指すAntaa。医師同士のQAアプリ「AntaaQA」の内容をご紹介します

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ