Cadetto.jpのロゴ画像

泌尿器科Q&Aシリーズ《5》
過活動膀胱への薬剤選択のポイントと落とし穴

2020/03/18
AntaaQA
過活動膀胱への薬剤選択のポイントと落とし穴の画像

<総合診療医>
高齢者の過活動膀胱の治療に関しての質問です。
ベタニス(β3受容体刺激薬)であまり頻尿の改善効果なく、一方で抗コリン薬では頻尿に対する改善効果は多少あるものの口渇感の副作用で患者さんが悩まれる場合に、どのように処方すればよいかアドバイスありましたら教えていただけましたらと思います。

著者プロフィール

Antaa●あんたー。「つながる力で医療を支える」を合言葉に、医師による医師のための活動をしています。主に、医師同士のQAアプリ「AntaaQA」や医療者のためのスライド共有「AntaaSlide」を運営しています。

連載の紹介

AntaaQAピックアップ
「ガイドラインはこうだけど実際は?」「添付文書の副作用のうち、臨床で重要なものは?」――。医師の「知りたい」の解決を目指すAntaa。医師同士のQAアプリ「AntaaQA」の内容をご紹介します

この記事を読んでいる人におすすめ