Cadetto.jpのロゴ画像

呼吸器内科Q&Aシリーズ《10》
結核罹患歴がある人への接触者健診のやり方

2020/02/28
AntaaQA
結核罹患歴がある人への接触者健診のやり方の画像

<救急医>
結核の接触者健診についての質問です。
お世話になっております。
もともと30-40年前に結核罹患歴がある方(投薬治療で治癒したとのことです)が結核陽性患者(塗抹陽性)と濃厚接触したとのことです。
T-SPOTは既感染でも陽性になってしまうこともあると思いますが、接触者健診の流れとしては
(1)window periodを考慮した時期にT-SPOTを行う
(T-SPOT陰性ならば)
(2)それ以上の検査や治療を行わない
(T-SPOT陽性ならば)
(2)喀痰検査とレントゲン検査を行う
(3)いずれか陽性所見があれば治療
(4)いずれも陰性ならばLTBIとしてINH予防内服を行いつつ、適宜再検
という解釈で問題ありませんでしょうか?

著者プロフィール

Antaa●あんたー。「つながる力で医療を支える」を合言葉に、医師による医師のための活動をしています。主に、医師同士のQAアプリ「AntaaQA」や医療者のためのスライド共有「AntaaSlide」を運営しています。

連載の紹介

AntaaQAピックアップ
「ガイドラインはこうだけど実際は?」「添付文書の副作用のうち、臨床で重要なものは?」――。医師の「知りたい」の解決を目指すAntaa。医師同士のQAアプリ「AntaaQA」の内容をご紹介します

この記事を読んでいる人におすすめ