Cadetto.jpのロゴ画像

呼吸器内科Q&Aシリーズ《7》
終末期の非定型抗酸菌症に対する緩和ケア

2020/02/21
AntaaQA
終末期の非定型抗酸菌症に対する緩和ケアの画像

<総合診療医>
訪問診療している患者さんで、非定型抗酸菌症の終末期の方がいらっしゃるのですが、血痰の量が増えてきています。酸素nasal 1リットルで酸素飽和度は保ててますが、呼吸状態が徐々に悪くなってきている印象で、食事もヨーグルトやエンシュアになってきています。ほぼ寝たきり状態なのですが、頭ははっきりしている方で、呼吸困難感と辛い咳症状に対して、リン酸コデインを使用しています。

著者プロフィール

Antaa●あんたー。「つながる力で医療を支える」を合言葉に、医師による医師のための活動をしています。主に、医師同士のQAアプリ「AntaaQA」や医療者のためのスライド共有「AntaaSlide」を運営しています。

連載の紹介

AntaaQAピックアップ
「ガイドラインはこうだけど実際は?」「添付文書の副作用のうち、臨床で重要なものは?」――。医師の「知りたい」の解決を目指すAntaa。医師同士のQAアプリ「AntaaQA」の内容をご紹介します

この記事を読んでいる人におすすめ