Cadetto.jpのロゴ画像

呼吸器内科Q&Aシリーズ《2》
胸水ADA高値も喀痰陰性。結核性胸膜炎でよい?

2020/02/11
AntaaQA
胸水ADA高値も喀痰陰性。結核性胸膜炎でよい?の画像

<内科医>
不明熱・胸水貯留の92歳男性で、胸水穿刺の結果ADA53.3U/Lと高値、リンパ球優位(85.4%)の滲出性胸水で、結核性胸膜炎を疑い抗結核薬加療した方がいるのですが、喀痰は出ず、胃液と胸水からは抗酸菌培養陰性、PCR陰性であり、抗結核薬の継続使用および使用期間について悩んでいます。

著者プロフィール

Antaa●あんたー。「つながる力で医療を支える」を合言葉に、医師による医師のための活動をしています。主に、医師同士のQAアプリ「AntaaQA」や医療者のためのスライド共有「AntaaSlide」を運営しています。

連載の紹介

AntaaQAピックアップ
「ガイドラインはこうだけど実際は?」「添付文書の副作用のうち、臨床で重要なものは?」――。医師の「知りたい」の解決を目指すAntaa。医師同士のQAアプリ「AntaaQA」の内容をご紹介します

この記事を読んでいる人におすすめ