Cadetto.jpのロゴ画像

血液内科Q&Aシリーズ《5》
多発性骨髄腫を疑う徴候は? 必要な検査は?

2020/01/20
AntaaQA
多発性骨髄腫を疑う徴候は? 必要な検査は?の画像

<脳外科医>
長文すみません。多発性骨髄腫をどのように疑うかについて質問です。
患者様は、他科で最大径53mmの壁在血栓を伴うAAA指摘され心臓血管外科に紹介された77歳男性です。既往に多発腎嚢胞、心房細動(アブレーションで洞調律復帰、心内血栓なし)、慢性的な腰痛があります。症状は腰痛のみです。

著者プロフィール

Antaa●あんたー。「つながる力で医療を支える」を合言葉に、医師による医師のための活動をしています。主に、医師同士のQAアプリ「AntaaQA」や医療者のためのスライド共有「AntaaSlide」を運営しています。

連載の紹介

AntaaQAピックアップ
「ガイドラインはこうだけど実際は?」「添付文書の副作用のうち、臨床で重要なものは?」――。医師の「知りたい」の解決を目指すAntaa。医師同士のQAアプリ「AntaaQA」の内容をご紹介します

この記事を読んでいる人におすすめ