Cadetto.jpのロゴ画像

血液内科Q&Aシリーズ《3》
骨髄球の検出が1年以上続くケースへの対処法

2020/01/15
AntaaQA
骨髄球の検出が1年以上続くケースへの対処法の画像

<内科医>
【骨髄球どう対応すべきですか?】
【症例 38歳女性】
#2型糖尿病 #高血圧 #高コレステロール血症 #肥満症(BMI 43.2)
内服薬:ミカムロBP、リバロ2mg、ジャディアンス10mg
末梢血に骨髄球がみられています。何らかの炎症に伴う一過性のものと考えておりましたが、患者さんは元気であります。骨髄球なかなか消えず、どう解釈すべきか悩んでおります。

著者プロフィール

Antaa●あんたー。「つながる力で医療を支える」を合言葉に、医師による医師のための活動をしています。主に、医師同士のQAアプリ「AntaaQA」や医療者のためのスライド共有「AntaaSlide」を運営しています。

連載の紹介

AntaaQAピックアップ
「ガイドラインはこうだけど実際は?」「添付文書の副作用のうち、臨床で重要なものは?」――。医師の「知りたい」の解決を目指すAntaa。医師同士のQAアプリ「AntaaQA」の内容をご紹介します

この記事を読んでいる人におすすめ