Cadetto.jpのロゴ画像

血液内科Q&Aシリーズ《1》
敗血症疑い例の血小板数が0.3万! すぐ血小板輸血してよい?

2020/01/10
AntaaQA
敗血症疑い例の血小板数が0.3万! すぐ血小板輸血してよい?の画像

<その他の診療科医>
#緊急
77歳女性、重症血小板減少
うつ病で他院入院中。胆嚢炎/腸炎からの敗血症性ショック疑いで転院。来院時血小板0.3万。口腔内出血あり。
血液内科連絡困難。恐らく敗血症性DICか薬剤性血小板減少かと思いますが、血小板輸血の是非やその他治療についてご助言頂ければ幸いです。

著者プロフィール

Antaa●あんたー。「つながる力で医療を支える」を合言葉に、医師による医師のための活動をしています。主に、医師同士のQAアプリ「AntaaQA」や医療者のためのスライド共有「AntaaSlide」を運営しています。

連載の紹介

AntaaQAピックアップ
「ガイドラインはこうだけど実際は?」「添付文書の副作用のうち、臨床で重要なものは?」――。医師の「知りたい」の解決を目指すAntaa。医師同士のQAアプリ「AntaaQA」の内容をご紹介します

この記事を読んでいる人におすすめ