Cadetto.jpのロゴ画像

糖尿病・内分泌Q&Aシリーズ《5》
MMI服用下で甲状腺機能が低下。どう減薬?

2019/11/15
AntaaQA

Question

<泌尿器科医>
甲状腺機能亢進症の患者さんについての経過について質問です。他院で加療中、転居のため(母親の介護のため)、当院での継続加療を希望して来院されました。

X-3月からの経過は以下の通りです。初期症状は動悸で、過去に甲状腺機能亢進症の治療歴のある30代の女性です。
X-3月2日 MMI 30mg開始(TSH 0.01 FT3 22.0 FT4 7.4 TRAb 16.3 TPOAb陰性 TSAb陰性)
X-3月23日 MMI 30mg(TSH 0.01 FT3 12.0 FT4 4.2)
X-2月19日 MMI 15mgに減量(TSH 0.01 FT3 4.9  FT4 1.5)
上記で経過。現在 MMI 15mg を内服しながら、5月18日に当院へ紹介受診となりました。動悸などの臨床症状は改善しています。
X月18日当院初診時の採血で  TSH 16.9  FT3 2.5  FT4 0.4(検査結果は本日X月21日判明)
現在もMMI 15mg 内服しています。X月18日の採血結果から、MMIを減量すべきと考えますが、5mgにするのか、10mgにするのか、また、その後の経過として注意点をご教授いただければ幸いです。本日、電話で聞いたところ、症状は落ち着いているようです。

著者プロフィール

Antaa●あんたー。「つながる力で医療を支える」を合言葉に、医師による医師のための活動をしています。主に、医師同士のQAアプリ「AntaaQA」や医療者のためのスライド共有「AntaaSlide」を運営しています。

連載の紹介

AntaaQAピックアップ
「ガイドラインはこうだけど実際は?」「添付文書の副作用のうち、臨床で重要なものは?」――。医師の「知りたい」の解決を目指すAntaa。医師同士のQAアプリ「AntaaQA」の内容をご紹介します

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ