Cadetto.jpのロゴ画像

アレルギー・免疫Q&Aシリーズ《10》
SLEの全症状が対症療法のみで消退!…診断は正しかった?

2019/09/04
AntaaQA
SLEの全症状が対症療法のみで消退!…診断は正しかった?の画像

<総合診療医>
SLEについて質問です。
心膜炎、胸膜炎、滑膜炎で発症して、SLEの診断基準を満たした28歳女性の方です。
アセトアミノフェンの対症療法のみで、自然に全症状が消退したのですが、SLEはこのような経過を辿ることはありますでしょうか。

著者プロフィール

Antaa●あんたー。「つながる力で医療を支える」を合言葉に、医師による医師のための活動をしています。主に、医師同士のQAアプリ「AntaaQA」や医療者のためのスライド共有「AntaaSlide」を運営しています。

連載の紹介

AntaaQAピックアップ
「ガイドラインはこうだけど実際は?」「添付文書の副作用のうち、臨床で重要なものは?」――。医師の「知りたい」の解決を目指すAntaa。医師同士のQAアプリ「AntaaQA」の内容をご紹介します

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ