Cadetto.jpのロゴ画像

アレルギー・免疫Q&Aシリーズ《7》
掌蹠膿疱症患者に関節炎。SAPHO? 鑑別は?

2019/08/28
AntaaQA

Question

<その他の診療科医>
SAPHO症候群を疑っている症例のマネージメントについての質問です。
症例は掌蹠膿疱症、高血圧、慢性胃炎の既往のある72歳女性。日中に高血圧、慢性胃炎のフォローのため定期受診されていましたが、以前から繰り返す前胸部痛を主訴に夜間外来を受診されました。
前胸部と両肩に常に違和感があり、2ヶ月に一度程度、胸痛の悪化と発熱感を自覚しています。
胸痛自体は10年以上の経過があります。
疼痛が悪化したこともあり趣味のゴルフに2年ほど行けなくなったそうです。
内服はCaチャネルブロッカーとH2ブロッカーです。
既往は上記のみ。
current smoker 20本50年以上
身体所見上は、意識清明、切迫なし、発熱なし Vital安定
右傍胸骨第4.5肋軟骨に圧痛 、両肩甲骨上に軽度圧痛、左右手掌に掌蹠膿疱症を認めます。
SAPHO症候群を疑って後日、胸部Xp 胸部CT MRI、採血を提出し、外来フォローの予定です。対症療法としてNSAIDsを処方しました。
除外診断を進めるに当たってのTIPS等はあるでしょうか。
現在200床未満の某県の病院で指導医も不足し、直接聞く人がいないため、ご意見いただけたなら幸いです。

著者プロフィール

Antaa●あんたー。「つながる力で医療を支える」を合言葉に、医師による医師のための活動をしています。主に、医師同士のQAアプリ「AntaaQA」や医療者のためのスライド共有「AntaaSlide」を運営しています。

連載の紹介

AntaaQAピックアップ
「ガイドラインはこうだけど実際は?」「添付文書の副作用のうち、臨床で重要なものは?」――。医師の「知りたい」の解決を目指すAntaa。医師同士のQAアプリ「AntaaQA」の内容をご紹介します

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ