Cadetto.jpのロゴ画像

循環器Q&Aシリーズ《7》
WPWを偶然発見。循環器への相談はいつする?

2019/07/01
AntaaQA
WPWを偶然発見。循環器への相談はいつする?の画像

<初期研修医>
62歳男性。
今までLOC歴なく、突然死などの家族歴なしの方が、飲酒後のLOCで救急外来受診されました。
特に前駆症状として動悸や胸痛はありませんでした。採血も特記事項はありませんでしたが、心電図の機械読みでWPW症候群との報告がありました。
WPW症候群のマネジメントとして、一般的にどのような対応をするのが望ましいでしょうか?
無症候性で、たまたま見つかったものなら後日循環器相談、症候性なら入院して精査が一般的でしょうか?

著者プロフィール

Antaa●あんたー。「つながる力で医療を支える」を合言葉に、医師による医師のための活動をしています。主に、医師同士のQAアプリ「AntaaQA」や医療者のためのスライド共有「AntaaSlide」を運営しています。

連載の紹介

AntaaQAピックアップ
「ガイドラインはこうだけど実際は?」「添付文書の副作用のうち、臨床で重要なものは?」――。医師の「知りたい」の解決を目指すAntaa。医師同士のQAアプリ「AntaaQA」の内容をご紹介します

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ