Cadetto.jpのロゴ画像

循環器Q&Aシリーズ《5》
心不全へのラシックス「反応性あり」な尿量は?

2019/06/24
AntaaQA
心不全へのラシックス「反応性あり」な尿量は?の画像

<内科医>
心不全急性期におけるラシックスの使用方法に関しての質問です。
初回使用する際は、ラシックス10-20mgもしくはCre×20mg程度をivして、投与後15分~1時間の尿量から反応性を見極め、反応性がない場合は適宜増量していくと習いました。
以上を踏まえまして質問があります。
1)どれくらいの尿量が得られたら反応性ありとするのでしょうか?
2)反応性が得られなかった場合は、次はどれくらい時間を空けてどれくらいの量を投与したらよいでしょうか?

著者プロフィール

Antaa●あんたー。「つながる力で医療を支える」を合言葉に、医師による医師のための活動をしています。主に、医師同士のQAアプリ「AntaaQA」や医療者のためのスライド共有「AntaaSlide」を運営しています。

連載の紹介

AntaaQAピックアップ
「ガイドラインはこうだけど実際は?」「添付文書の副作用のうち、臨床で重要なものは?」――。医師の「知りたい」の解決を目指すAntaa。医師同士のQAアプリ「AntaaQA」の内容をご紹介します

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ