Cadetto.jpのロゴ画像

循環器Q&Aシリーズ《2》
DOACかワルファリンか、実臨床での選択は?

2019/06/17
AntaaQA

Question

<医学生>
DOACとWarfarinについての質問です。学生なので間違いを含む質問かもしれないので、そのときは申し訳ございません。
DOACはWarfarinと比べてモニタリングが必要ないという点と、脳出血のリスクが下がるなどの点から、DOACを使用するケースもあると思います。
しかし、DOACはWarfarinに比べて効果が切れるまでの時間が短く1度の服用漏れでも有効血中濃度から外れてしまう可能性があり、またDOACの種類によっては1日2回のものもあります。
その中でアドヒアランスが一般の人よりも高いことが予想されるDOACとWarfarinの比較試験は実臨床に応用する際にどのような影響を与えるのか?それとも与えないのか?という質問です。
アドヒアランスの低そうな場合はDOACよりもWarfarinを優先するなどの行為は必要でしょうか?
そもそもアドヒアランスの良し悪しはわからないからWarfarinを優先しているとかありますか?
間違いがあればご指摘お願い致します。

著者プロフィール

Antaa●あんたー。「つながる力で医療を支える」を合言葉に、医師による医師のための活動をしています。主に、医師同士のQAアプリ「AntaaQA」や医療者のためのスライド共有「AntaaSlide」を運営しています。

連載の紹介

AntaaQAピックアップ
「ガイドラインはこうだけど実際は?」「添付文書の副作用のうち、臨床で重要なものは?」――。医師の「知りたい」の解決を目指すAntaa。医師同士のQAアプリ「AntaaQA」の内容をご紹介します

この記事を読んでいる人におすすめ