病院の内外で遭遇し得る水・電解質異常について、典型症例をベースに、アプローチ、鑑別、最終診断、治療法などを解説する。取り上げるのは、水・ナトリウム代謝の異常:13例、カリウム代謝の異常:12例、カルシウム・リン・マグネシウム代謝異常:9例、その他:6例の計40例。

 「進行肺癌患者の低ナトリウム血症」「抗凝固薬による高カリウム血症」「透析に伴う高リン血症」など、テーマも実践的。


■Amazonで購入
いまさら訊けない!水電解質異常の診かた、考えかた
加藤 明彦 安田 日出夫
中外医学社
売り上げランキング: 84,909

加藤明彦、安田日出夫 編著 3400円+税 中外医学社
ISBN978-4498123809 A5判 196ページ