日経メディカルのロゴ画像

日経メディカル 書籍紹介
外来でよく診る病気スレスレな症例への生活処方箋

2018/08/08

 薬物療法や外科治療までは必要ない「軽症例」や「病気スレスレな症例」に対する生活指導の実践法を解説する。取り上げるのは、高血圧症、安定狭心症、膝痛など全15疾患。それぞれ症例ベースの解説で、定期診察での生活処方箋の内容と患者への声の掛け方を具体的に例示する。

 著者は慈恵医大教授。「薬の処方ができるのは当たり前で、食事や運動も処方できて一人前」との言葉に感銘し、臨床現場での生活指導を実践し始めたという。


浦島充佳著 3600円+税 医学書院
ISBN978-4260035934 A5判 204ページ

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ