日経メディカルのロゴ画像

日経ヘルスケア 書籍紹介
再考・医療費適正化-実証分析と理念に基づく政策案

2016/11/18

 医療費増加の要因を分析し、過去の医療費適正化政策を評価した上で、あるべき医療費適正化政策を提示した書。現・中央社会保険医療協議会委員の印南一路氏が編著者を務めた。

 4部10章で構成。第1部で過去の医療費適正化政策を振り返り、政策の必要性や、関係者の認識・主張の相違点を解説した。第2部では医療費の増加要因を様々な手法で定量的に分析し、第3部で過去の政策を評価。これらの分析・評価を踏まえ、既存の政策に対する具体的な改善案を第4部で提示した。厚生労働省や財務省などの統計資料を多数引用し、データに基づいて解説しているため、専門的な知識がなくても分かりやすい。

 コラムでは総合診療医や超高額薬剤など、最近の話題にも言及している。


■Amazonで購入

印南一路 編著 3600円+税 (株)有斐閣
ISBN978-4641164833 A5判 300ページ

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ