日経メディカルのロゴ画像

パンデミックに挑む

日本の新型インフルエンザ
感染者2253人のうち基礎疾患ありは72人、全員が治癒

 厚生労働省は7月29日、新型インフルエンザ確定患者の疫学情報について中間まとめを発表した。7月10日までの感染確定者2253人中、基礎疾患のある人は72人だった。

 分析の対象となったのは7月10日までに確定された2253人。このうち基礎疾患のある人は72人。内訳は、妊婦4人、慢性呼吸器疾患50人、慢性心疾患6人、糖尿病をはじめとする代謝性疾患7人、腎機能障害6人だった(重複あり)。

 転帰も調べているが、基礎疾患を持つ人も含め全員が治癒しているという。

■厚生労働省のリリース
新型インフルエンザ確定患者の疫学情報 の中間取りまとめについて

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ