日経メディカルのロゴ画像

TOP
  • 事例研究
  • レポート
  • ニュース
  • インフォメーション
『医療とIT』は2012年4月1日より『デジタルヘルスOnline』に全面移行しました

インタビュー/エリック・ウアネス氏(国境なき日本 事務局長)
「緊急支援とITは切り離せない、無線からネットまで自在に使う」

2009/09/01
ITPro

●足で稼いだデータがものをいう


 今後は開発途上国と、医者が多い国、たとえば米国や日本をビデオカンファレンス・システムでつなげる遠隔医療も実現したいと考えています。今ちょうど、どう実現するかを内部で議論しているところです。


――現場の医療関係者はそのようなシステムを使いこなせるのか。


 もちろん複雑なシステムでは難しいでしょう。利用する人を選ばない、シンプルなシステムでなければなりません。国境なき医師団も支援していますが、うまく運用するまでに時間がかかることも少なくありません。


 それにすべての作業をIT化できるわけではありません。例えば感染症の情報収集。世界60カ国にいる医療スタッフが、自動車やバイク、自転車で受け持っている地域を巡り、どのくらいの人がワクチンの接種を受けたかを調べて回ります。集めた情報をパソコンに入力し、国境なき医師団が運営するサーバーに送信するわけです。


 こういった足で集めてきた生のデータはとても重要です。これを基に、各国の感染症対策の状況を分析するのですから。国境なき医師団の研究部門である「エピセンター」の分析システムで、今後どのくらいのワクチン接種をするべきか、ワクチンを現地にどのくらい供給すべきか、などを決定します。


――IT企業にどのような支援を期待しているか。


 今はインターネットでの情報提供は当たり前の時代です。より正確で効果のある広報活動をしたいと考えています。そのためのWebサイトの構築やデータベース管理などを支援する力を求めています。


 19ある支部のうちのいくつかは、コンサルティング会社からボランティアで業務のアドバイスを受けています。日本支部も非常に興味があります。ノウハウや能力を提供してもらえるとありがたいですね。


 金銭面での支援というのは、企業にとっても大きな負担です。自社の製品や技術、サービスで協力してもらえるよう、呼びかけていくつもりです。



■プロフィル
Eric Ouannes(エリック・ウアネス)氏
国境なき医師団日本 事務局長
 1995 年、フランスのエセック経済商科大学院大学でマネージメントおよびロジスティクス・エンジニアリングを専攻し修士号を取得。飢餓問題に取り組む非営利組織「アクション・アゲインスト・ハンガー」を経て、2002年に国境なき医師団に参加した。アフガニスタン、シエラレオネ、コンゴにおける活動責任者を歴任、2006年より現職。フランス語のほか英語、ドイツ語、ペルシャ語を操る。1967年8月生まれの42歳。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ